檀特山小松寺のホームページをご覧いただきまして有難うございます。

当山は、南房総市千倉町の奥深い山間にたたずむ古刹であります。
千倉町といえば海のイメージが強いのですが、ここ小松寺には千二百
年以上も続く寺院の歴史とともに、現在も変わらぬ原生林の自然が残
されております。新緑や桜の咲く風景は素晴らしく、特に秋の紅葉期に
はイチョウやモミジが見事に色づき、南房総では数少ない紅葉の名所
として広く知られています。

人間も自然もいのちあるものとして、この世に共に生かされています。
生きている土の上に立つと、私達の心や身体は喜ぶものです。
急速な進化を遂げる現代は、便利なものや快適に目的が達せられる
ものを求めるがゆえに、人間が本来持つべき自然への慈しみが忘れ
さられているように思います。時には自らの心と身体を自然の恵みの
なかに置き、ゆったりとした時間を過ごすことも必要です。今この場に
生きる様々ないのちに触れることで、人間として生かされている喜びや
感謝の心が湧き上がってくることでしょう。

ご参詣くださる方々が、森林の豊かな自然に感謝し、慈しみの心を深め
ることのできる寺院であれたら幸いです。


      皆様のご多幸を心よりご祈念申し上げます。

                                  合掌


檀特山 小松寺 当サイトに掲載の文章・写真等の無断転載を固く禁じます。